履歴書長所【真面目】例文6個無料ダウンロード

履歴書長所【真面目】例文6個無料ダウンロード

スポンサードリンク



履歴書長所【真面目】例文6個

長所【真面目】例文1

「真面目に誠実に仕事に取り組める精神は、一見、社会人なら持っていて当たり前の能力だと思いがちですが、私は重要な部分だと思っています。真面目さや誠実さにも、人によって真剣さが異なってくると私は考えます。例えば、自分が生活をしていく上で、賃金をもらうためだけの真面目に誠実に仕事をする人もいれば、会社が好きで利益を出して上司に認められることが目的で、真面目に一生懸命働いている人もいるのです。つまり、同じ真面目さでも目的が異なるということです。前者は仕事にやりがいは求めず、生活するための賃金を稼ぐ手段と割り切っているタイプです。後者は、仕事にやりがいを求め、人生の楽しみや目標の1つにしているタイプです。私は完全に後者のタイプで、いつでも、仕事にやりがいを持ち、会社に利益をもたらすことを最優先に考えて行動することができます。」

dl


スポンサードリンク

 


 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8960090454973875"
data-ad-slot="4706809747"
data-ad-format="auto">

 


長所【真面目】例文2

「8年前の社会人になったばかりの私は、真面目に仕事をすることだけが取り柄で、融通がきかず、その場の状況に合わせて臨機応変に仕事をするのが苦手でした。しかし、当初の予定通りに進む仕事の方が少なく、不器用な私にとっては過酷な職場となってしまいました。会社や仕事が向いていないのでは?と他社の責任にして、逃げるように退職してしまいたいという気持ちもありましたが、ここで逃げたら後悔すると思い、踏み止まりました。その後、自分の中で悩み続けるのをやめて、上司に悩みを相談しました。すると、上司は、真面目に仕事をするという長所は変えることないから、1つの仕事に100%集中するのではなく、80%で良いから、残りの20%の時間と労力をつかって、想定外のケースをシミュレーションしてみて、その時の具体的な対処法を考えてみなさい。というアドバイスをいただきました。そのアドバイスを実践したことで、仕事にかける力を分散することができ、イレギュラーな事態が起きても、臨機応変に対応できるようになりました。」

dl


スポンサードリンク


 

style="display:inline-block;width:200px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-8960090454973875"
data-ad-slot="1995724141">


 

長所【真面目】例文3

「私は、真面目すぎて仕事を1人で抱え込み過ぎるという悪い癖がありました。もともとスポーツでも趣味でも仕事でも個人プレーが好きで、それなりの成果も出してきたので、仕事は1人で乗り切るものという偏った考え方が染みついていたのです。しかし、それが仕事においても1人の人間としても、私の成長の妨げになっていたのです。正直、仕事を1人で抱えて無理をするのも限界を迎えていたのです。その後、考え方を変えて、仕事はチームプレイでした方が1人で抱え込むよりも何倍もの成果を出すことができる、チームで成功した時の喜びは1人の喜びの何十倍にもなると学び、個人プレーをやめてチームプレイで仕事ができるようになりました。」

dl

長所【真面目】例文4

「以前の私はチームで、他の社員に気配りをしながら、協力して仕事をするのが苦手でした。クリエイターという仕事柄、真面目にコツコツと丁寧な仕事をすることに慣れてしまっていたからです。しかし、プロジェクトの規模が大きくなればなるほど、1人では納期に間に合わなくなってしまうので、キャリアを積めば積むほどチームで仕事をする機会が増えてきたのです。1人でやりきれないのだからチームで仕事をすることからは逃げられないと思い、自分を変える努力を始めました。具体的には、できる限り、チームのメンバーと意思の疎通をはかり、仕事以外でも飲み会をしたり、カラオケに行ったりして、距離を近づけるようにしたのです。やってみると、苦手意識を持っていただけで、仲間で協力して仕事をするのも、仕事後に楽しい時間を過ごすのも、最高だと思えるようになりました。苦手なことから逃げるのではなく、受け入れることで、乗り越えることができるのだと学びました。」

dl

長所【真面目】例文5

「私は、どんな仕事でも自分なりの課題や目標を掲げ、達成するために、真面目に誠実にコツコツと努力を継続させることができます。諦めずにコツコツと努力を継続させれば、達成できない課題や目標はないと信じているからです。実際に、今までの仕事経験で達成できなかった目標は1つもありません。すべての目標を達してきたことが、今の私の自信につながっているのです。今後の課題は、仕事のクオリティを下げることなく、効率をあげるために、手際よく作業を進めることです。真面目にコツコツと努力を続けるのは得意なのですが、納期がギリギリの仕事をスピード重視でするのが苦手でした。苦手意識を克服するために、あえて納期の短い仕事を率先して引き受け、納期を守ることで、自信をつけることができました。今では、クオリティの高い仕事を効率よくこなせるように、自分を成長させることができました。」

dl

長所【真面目】例文6

「私が、どんな仕事でも真面目に全力で取り組む理由は、たった1つです。会社に利益をもたらし、上司に認められて、もっと責任の重い、やりがいのある仕事を次々と任せて欲しいからです。私は会社という組織で一生懸命働き、結果を出して、評価されることを人生の目標としています。だから、どんなに辛くて厳しい仕事でも、弱音を吐かずにやり遂げることができるのです。私は仕事をしている時でも、仕事をしているという意識を持っていません。なぜなら、私の人生における楽しみが仕事なので、一般的な仕事の辛さや苦しさを感じることはなく、むしろ、オフの時よりも、仕事をしている時の方が、生きている実感が湧くのです。」

dl

スポンサードリンク





例文 文例 書き方見本 書き方のコツ 履歴書フォーマット