履歴書長所【相手の立場に立って考える】例文6個無料ダウンロード

履歴書長所【相手の立場に立って考える】例文6個無料ダウンロード

スポンサードリンク



履歴書長所【相手の立場に立って考える】例文6個

相手の立場に立って

長所【相手の立場に立って考える】例文1

私は、いつでも相手の立場に立って物事を考えることができます。仕事をしていく中で、様々な考え方を持った人と接していく必要が出てきますが、いつでも相手の立場に立って物事を考えられる能力は、有力なビジネススキルの1つだと思います。私は4年間経験してきた営業職で、そのスキルを培うことができました。相手の立場に立って考えるようになってからは、お客様との信頼関係も深めることができ、それが結果的に売上アップにつながりました。営業職は信頼関係を築くことで、営業成績も上げることができるのだと身を持って実感しました。今後も、常に相手の立場を考えて行動できる営業マンであり続けたいと思っています。

dl


スポンサードリンク



長所【相手の立場に立って考える】例文2

私は、常に「もし、自分がその立場だったら、どんな気持ちになるか?どんな不安や心配を抱くか?」ということを考えながら、仕事で人と関わっています。ビジネスチャンスは、常に人の不安や心配の中にあると私は考えています。商品やサービスを営業力で売りつけるのではなく、相手の立場に立って考え、不安や心配を解決する方法をアドバイスしてあげるだけで、人の心を簡単に動かすことができるのです。それが営業成果につながるなら、これほど素晴らしい営業手法はないと思います。お客様の不安や心配を解消することで、そのお客様から信頼され、新しいお客様を紹介してもらうというプラスの連鎖を引き起こすことができました。おかげ様で一昨年と昨年は、営業成績1位を獲得することができました。是非とも貴社で私の営業経験を活かすチャンスをください。よろしくお願い致します。

dl


スポンサードリンク



長所【相手の立場に立って考える】例文3

私は、いつでも相手に立場に立って話しを丁寧に聞くことが得意です。親身になって話を聞き、自分のことのように悩み考え行動することができます。多くのお客様が、「私にだから、こんなに深い部分まで話すことができた!」とお褒めの言葉を何度もいただきました。私からしか商品を買わないと言ってくださるお客様も多かったです。2013年度、2014年度は、売上額で営業部ナンバー1に成績を出すことができました。営業職を続けていく上で、私のモットーは、親身になってお客様の話しを丁寧に聞きとり、悩みや問題点を解消するためのプレゼンテーションをすることです。商品を売ることが前提ではなく、悩みや問題を解決することを優先に考えています。だから、信頼を得ることができるのでしょう。

dl

長所【相手の立場に立って考える】例文4

私は常に相手の立場に立って考え、言葉を選ぶようにしています。ビジネスの世界では、選ぶ言葉1つ間違えてしまえば、1発で印象が悪くなり、商談も不成立となってしまうのです。私も新人の頃は何度も失敗し痛い思いをしてきました。7年間の仕事経験で、初対面の相手でも、どんなタイプなのか?どのように入り込めば良い印象を与えることができるのか?を見極める目を持つことができました。初対面で良い印象を与えることによって、自社にとって有利に商談を進める会話や交渉のスキルも身に付けることができました。私の経験やスキルを貴社の営業部門で活かすことができたら、幸いに思います。よろしくお願い致します。

dl

長所【相手の立場に立って考える】例文5

私は、会議でも商談でも、全体の空気を読み、1人1人の立場に立って考えることができるので、会社の利益になるように持って行くのが得意です。私は、発言するよりも、相手に話をさせて、どのような立場で、どのような考えを持っているのか見極めることができます。それを踏まえた上で、それが会社の不利益になる可能性があるなら、そのリスクを指摘することも重要だと思っています。指摘することで、ぶつかっても結果的にそれが会社の利益につながるなら、組織の一員として必要な行動だと思うのです。常に相手の立場に立って考えるようにしているので、ぶつかるにしても言葉や行動を選ぶことで、物事がスムーズに進むのです。6年間、仕事を続けてきて、私が学んだことです。

dl

長所【相手の立場に立って考える】例文6

前職では12人の部下を持つ管理職に就いていました。私が上司として大切にしていたことは、部下がミスをしても話も聞かずに頭ごなしに怒らないことです。今の若い社員は、愛のある怒り方や注意をしても、それが原因ですぐに会社を辞めてしまいますからね。部下に気を使いすぎるのもおかしい話ですが、部下を辞めさせないのも上司の使命だと思っています。部下がどんなミスをした場合も、部下の立場に立って物事を考え、ミスが起きた原因を探ります。そして、説教するのではなく、どうしたら同じミスを繰り返さないのか、部下と一緒になって前向きに考えることで、部下との信頼関係も築くことができるのです。私はこのようなやり方で12人の部下と太い信頼関係を築くことができました。8年間の管理職経験を活かし、貴社の●●部門で業務に貢献したいと考えております。何卒、よろしくお願い致します。

dl

スポンサードリンク





例文 文例 書き方見本 書き方のコツ 履歴書フォーマット