履歴書にインパクトのある長所を書く5つのコツ【求められているスキル。キャッチコピーのような表現方法】

履歴書にインパクトのある長所を書く5つのコツ【求められているスキル。キャッチコピーのような表現方法】

スポンサードリンク



履歴書にインパクトのある長所を書く5つのコツ

インパクト

@求められているスキルに関連性のある長所を選ぶ

企業は当然のことながら、応募者の中で、求めているスキルに一番近い人材を採用したいと思っています。いちいち1人ずつ面接をする時間もないので、履歴書や職務経歴書から、求めているスキルを持っているか?判断しているのです。

つまり、インパクトがどうのこうの?というよりも、企業が求めているスキルを持っていないと判断された時点で、書類選考に落とされてしまう可能性が高くなるのです。書類選考で落とされないためにも、他の応募者との差別化を図り、採用担当者にインパクトを与えるためにも、自分のキャリアやスキルを棚卸しして、求められているスキルに関連性のある長所を履歴書に書きましょう。

異業種への転職だから求められているスキルはない・・・と諦めてしまうのは簡単です。異業種でも仕事は仕事なので、過去の仕事経験を掘り下げていけば、必ず、共通点を見つけることができるのです。共通点を見つけたら、そこをメインに取り上げて、求められているスキルに絡めていけば、いくらでも効果的な長所をアピールすることができるのです。

Aキャッチコピーのような表現方法を工夫する

もし、あなたが採用担当者だったら、どちらの長所に高い評価をつけますか? 「私は営業が得意です。」 「私は営業の鬼と言われていました。」 私が採用担当者だったら、間違いなく後者の長所を履歴書に書いた応募者を面接してみたい!と思います。

営業の能力をアピールしたいのは、どちらも同じですが、表現方法によって、ここまで採用担当者に与えるインパクトに差がついてしまうのです。特に人気企業や有名企業で、少ない採用枠に応募者が殺到している場合は、インパクトのある長所をアピールしないと、書類選考を突破するのは難しくなってしまうのです。

だからこそ、表現方法を工夫する必要があるのです。ネットでも書籍でも良いので、キャッチコピーの例文を参考にしてみましょう。参考までに私が考えたオリジナルのインパクトのある長所をご紹介しておきます。


スポンサードリンク



「私の接客には愛があります。」

「安い!早い!うまい!で売ります」

「全てはお客様の笑顔にために営業活動をしています。」

「私の原動力は感動にあります。だから顧客が共感してくれるのでしょう。」

「自分の目標に嘘はつけません。」

B感情表現を織り交ぜることでインパクトが出る!?

感情の入っていない言葉は、表面上のインパクトがあっても、人の心を動かしません。感情が入っていないアピールをしても、その人の背景が見えてこないので、印象を残すことができないのです。本当の意味でインパクトを残したいなら、仕事で経験したエピソードをピックアップして、その時の感情を織り交ぜてみましょう。

「向上心、努力、達成感、感動、共感、挫折、忍耐、自信」など、どんな仕事でも始まりから完結までに、様々な感情が動くはずです。感情もなしに仕事をしているなら、中身のない仕事をしている証拠なので、仕事の取り組み方を根本的に見直す必要があるでしょう。

仕事のプロセスで受けた感情を履歴書に盛り込むことで、不思議なほどインパクトを生み出すことができるのです。「挫折から努力し、達成感を得て、自信につなげる」というような流れでアピールポイントを構成すれば、評価が高くインパクトもある履歴書に仕上げることができるでしょう。

C入社後にどんな形で貢献できるのか具体的にアピールする

履歴書で長所や強みをアピールする際に、抽象的すぎる内容にしてしまう応募者が非常に多いようです。採用担当者が知りたいのは、言葉だけの抽象的なものではなく、裏付けや根拠がある具体的なアピールポイントなのです。

言葉だけで「絶対に頑張ります。成果を出してみせます!」と言うだけなら誰にでもできますよね?採用担当者からすれば、そんな自信たっぷりで言う根拠はどこにあるの?という疑問が出てしまうのです。疑問を抱かせないためには、過去の仕事経験やスキルという具体例を出して、どんな形で業務に貢献できるのかを具体的にアピールする必要があるのです。

例えば、

「前職では、地主様に相続税対策のコンサルティングをすることで、不動産をお任せいただき、持て余している土地を有効活用させていただくことができました。税理士や公認会計士とタッグを組み、地主様と二人三脚で相続税対策をし、信頼を得ることができました。7年間の不動産コンサルティング経験を活かし、貴社の不動産営業部門で、即戦力として結果を出したいと思っています。都内に10名以上の地主様と今もお付き合いをさせてもらっているので、即戦力で貴社の利益になる契約をとってくることができます。何卒、よろしくお願い致します。」

どうでしょうか?ここまで具体的な根拠をアピールすることができれば、かなり評価は高くなるし、強いインパクトも残せることでしょう。なぜなら、ここまで具体的にアピールできる応募者は少ないからです。


スポンサードリンク



Dありふれた長所やアピールポイントは書かない

「コミュニケーション能力」「行動力」「忍耐力」など、その他大勢の応募者がいかにも履歴書に書きそうな、ありふれた長所やアピールポイントは書かない方が良いでしょう。採用担当者からすれば、つまらない長所やアピールが書いてある履歴書は読むに耐えないのです。

よほどのキャリアやスキルでもない限り、書類選考に受かることもないでしょう。あなたの仕事経験を深く掘り下げれば、ありふれた言葉ではなく、独自性やインパクトのある言葉に言い換えることができるはずです。

コツは、仕事経験で感じたことを、そのままストレートに書くことです。あなたが、あなたの仕事で経験した感情は、世界に1つしかありませんからね。インパクトが残せないわけがないのです。

スポンサードリンク





例文 文例 書き方見本 書き方のコツ 履歴書フォーマット