長所・強み【履歴書】例文・書き方見本≪無料ダウンロード≫

長所・強み【履歴書】例文・書き方見本≪無料ダウンロード≫

スポンサードリンク



履歴書の長所の書き方7つのコツ

@採用担当者に履歴書に求めるものとは?

採用担当者が履歴書に求めるものは、ズバリ下記の3つです。

  1. 長所や強みを、どのようにして実務で活かし、会社に貢献してくれるのか?

  2. 短所を理解し、克服する方法を知っているか?克服する努力をしているか?

  3. 自分を客観的に分析することができているか?

つまり、上記の3つのポイントをメインに履歴書を書けば、少なからず、採用担当者に印象を残すことができるのです。採用担当者の「なぜ?」に答えることができていない履歴書があまりにも多いのです。

なぜ?に答えることができれば、とりあえず書類選考を突破して面接試験のチャンスをつかむことができるのです。もちろん、面接試験でも、上記の質問に即答できるように十分に練習をしておきましょう。


スポンサードリンク



A短所を書く必要はあるの?長所だけで良いのでは?

応募者の中には、履歴書に長所だけ書いてしまう人もいますが、得策とは言えません。短所のない人間など存在しないので、そこも隠さずに書くことで誠実さが伝わるのです。また、短所を理解していることで、自己分析力があることもアピールできるのです。

ただ短所を書くだけでダメです。短所を克服するために、どのような努力をしてきたのか?そこまで書くことで、はじめてプラス評価がもらえるのです。

書き方の流れのコツとしては、先に長所を書き、その長所を仕事でどうやって活かせるのか?入社後に何ができるのか?具体的に書きましょう。次に短所を克服する具体的な方法を書くのです。このように単純に書くのではなく具体的に書くと採用担当者に与える印象も良くなるのです。

B仕事経験のエピソードを盛り込む

長所や短所を克服するための努力をしたことを、いくら上手な言葉で表現しても、言葉だけだと限界があるのです。言葉だけながら誰でも書けますので、信憑性も低くなってしまうのです。長所や短所を克服したという根拠を仕事経験におけるエピソードにして盛り込むことで、信憑性の高い履歴書に仕上げることができるのです。

実際にあなたが仕事で経験し、長所を活かせた場面があるなら、それをメインにアピールしましょう。また、仕事で失敗したり挫折したりして、そこから這い上がったエピソードがあれば、それも盛り込むと良いでしょう。どのような失敗や挫折で、欠点や短所を乗り越えて、成功をつかみとったのか?ストーリーを持たせることで、採用担当者のハートをつかむことができるのです。


スポンサードリンク



C自分の長所や短所が分からない場合は?

自分を客観的に分析するのが苦手な人は、どんなに時間をかけても自分の長所や短所を見つけ出すことはできないでしょう。時間を無駄にするともったいないので、そのような場合は、まわりの人や、転職支援のスペシャリストに分析してもらいましょう。

まずは、親しい友人や幼馴染、親戚や家族、学校の先生や恩師に相談してみましょう。できれば、転職エージェントを利用して、転職支援のスペシャリストに分析してもらうと、さらに深くあなたを分析してくれることでしょう。

このようにして時間をかけて自分を分析してもらえば、自分でも気づかなかった長所や短所を見つけ出すことができるのです。正確に長所や短所を把握できてこそ、はじめて質の高い履歴書を作成することができるのです。

D過去の仕事で褒められたことと、注意されたことを書き出してみる。

もう1つやっておいて欲しいことは過去の仕事で、上司や同僚やお客さんから褒められたことと、注意や説教をされたことを紙に書き出してみましょう。単純作業ですが、最も自分を知る近道でもあるのです。箇条書きで良いので、どんどん書き出していきましょう。

褒められたエピソードから、あなたの長所が見つかり、注意されたエピソードから、あなたの短所が見つかることでしょう。褒められたエピソードは、そのままアピールとして履歴書に使うこともできるのです。上司や同僚やお客さんから褒められたというエピソードは、採用担当者からも高い評価をもらえますからね。

逆に、注意や説教された短所の部分を、どうやって改善し、仕事でプラスに変えていくか?それも加えて履歴書に書くことができたら、完璧です!

E文字数が限られているからこそインパクトのある言葉で書く

職務経歴書やエントリーシートなどと違って、履歴書は長所を書くスペースが限られているので、文字数も限られてきます。3行から4行程度しか書くスペースがないので、その文字数でいかにして、採用担当者にインパクトを与えるかが書類選考を突破する鍵となってきます。

まわりくどい言葉で書いてしまえば、一番伝えたいことが伝わらないのです。限られた文字数で長所を効果的にアピールするためには、自分を売り込むキャッチコピーを考えてみることでしょう。映画やドラマや小説などのCMや宣伝を参考にすると、良いキャッチコピーを思いつくことができます。

例えば、「私は営業の仕事に自信を持っています。」と書くよりも「私はお客様のハートをわしづかみにする魔法の言葉を知っています。」と書いた方が、よりインパクトを与えることができますよね?採用担当者からすれば、「魔法の言葉って何?是非とも面接して、質問してみたい!」と思うはずです。

当たり障りのない抽象的なアピールをしてしまえば、書類選考で落とされてしまい、面接試験を受けるチャンスももらえないまま不採用となってしまうのです。

F履歴書の長所を上手に書く手順と書き方

下記の手順で履歴書の長所を書けば、簡単に魅力的な文章に仕上げることができます。

  1. 要点や結論を先に書く

  2. 長所をアピールするエピソードを書く

  3. 長所や強みを入社後の業務で、どのようにして活かすのかを書く

この手順で簡潔に書けば、限られた文字数でも採用担当者を唸らせる履歴書に仕上げることができます。まわりくどい説明は不要なので、一番伝えたい長所の要点や結論を一行にまとめましょう。次に、その長所の根拠となる簡単な仕事の実績を一行から二行でまとめましょう。

最後に、過去に仕事で身に付けたキャリアやスキルを仕事でどのようにして活かすのかを一行でまとめましょう。このように書けば四行でおさまるので、スペースが少ない履歴書でも伝わりやすい効果的なアピールができるのです。

スポンサードリンク





例文 文例 書き方見本 書き方のコツ 履歴書フォーマット